私をくいとめて

黒田みつ子、31 歳。平日は会社員として働き、休日はいきいきとおひとりさまライフをエンジョイするいまどきの独身女性だ。長らく恋人不在のみつ子がそれでも一人で楽しく生きていられるのには、ある秘密がある。それはいつからかみつ子の脳内に生まれた頼れる相談役、A の存在。人間関係やちょっとしたご近所トラブルなど、悩んだ時にはいつだってAが正しい答えをくれる。

記事をpdfで見る(画像クリックで別ウィンドウ表示)

記事または映画評のサムネイル画像(A4用紙サイズ/縦長)

2020年12月号

【キャスト】のん 林遣都 臼田あさ美 若林拓哉 前野朋哉 山田真歩 片桐はいり/橋本愛 ほか

【監督】(兼脚本)大九明子

【原作】綿矢りさ「私をくいとめて」(朝日文庫/朝日新聞出版刊)

【制作】2020年/日本

【Web】https://kuitomete.jp

【日本公開】2020年12月18日(金)よりテアトル新宿ほかで全国公開

【配給】日活

©2020『私をくいとめて』製作委員会

令和女子必見、わかりみ深すぎ崖っぷちロマンス!

黒田みつ子、31 歳。平日は会社員として働き、休日はいきいきとおひとりさまライフをエンジョイするいまどきの独身女性だ。長らく恋人不在のみつ子がそれでも一人で楽しく生 きていられるのには、ある秘密がある。それはいつからかみ つ子の脳内に生まれた頼れる相談役、A の存在。人間関係やちょっとしたご近所トラブルなど、悩んだ時にはいつだって A が正しい答えをくれる。

何かが足りないのは分かっているけれど、決定的に不足し ているものもない。そんな平和でゆるゆるとしたおひとりさ まの日常を過ごしていたみつ子はある日、うっかり! 度々 会社を訪れる年下の営業マン、多田くんに恋をしてしまった!

実はご近所に住んでいると分かってから、多田くんは定期的にみつ子の部屋を訪れては手料理をもらっていくように。 そんな付かず離れずの微妙な関係を 1 年近く続けているのに、 真面目な多田くんは決して部屋に上がろうとしない。おそらくは両思いだろうと信じながらも、なかなか多田くんとの関係を進めることができず 20 代と30 代の恋愛の違いを痛感するみつ子。そんな彼女はAと共に勇気を振り絞り、失敗したら立ち直れないダメージを負ってしまう31 歳、崖っぷちの恋愛に踏み出そうとする……。

本作は大ヒットを記録した映画『勝手にふるえてろ』の原作、 綿矢りさ×監督・脚本、大九明子が再びタッグを組み送り出す “ 崖っぷち”ロマンス。

奇しくもコロナ禍に見舞われ、物理的なソーシャルディスタンスを取らざるを得ない今。人と人との繊細な距離感を描く今作は、気楽なおひとりさまの主人公を通して、他者と共存することの素晴らしさが逆説的に描かれている。

さらに気になるのは、主人公、みつ子の脳内相談役 Aの存在だ。ムダに良い声でネガティブなみつ子を肯定し、時に心 の支えになり、時に一歩踏み出すことを迷うその背中を押してくれる。そんな Aを演じるのは一体─ ? ぜひ、エンドロールまで楽しんでほしい。

view more-映画の一覧へ-