さがす

「お父ちゃんな、指名手配中の連続殺人犯見たんや。捕まえたら300万もらえるで」。そう話した父が、翌朝消えた。父をさがすため娘の楓は警察に相談するも、まともに取り合ってもらえない。そんな中、日雇い労働者の名簿に父の名前があることを知り、現場に向かう。ところがそこにいた人物は全く知らない男だった。途方に暮れる楓。ふと街中に貼られた指名手配犯のチラシに目を向ける。するとそこには日雇い現場にいたあの男の顔があった──。

記事をpdfで見る(画像クリックで別ウィンドウ表示)

記事または映画評のサムネイル画像(A4用紙サイズ/縦長)

2022年1月号

【キャスト】佐藤二朗/伊東蒼/清水尋也/森田望智/石井正太朗/松岡依都美/成嶋瞳子/品川徹

【監督】【脚本】片山慎三

【制作】2022年/日本

【Web】https://sagasu-movie.asmik-ace.co.jp/

【日本公開】1/21(金)テアトル新宿ほか 全国公開

【配給】アスミック・エース

©2022『さがす』製作委員会

父をさがした。真実を見つけた。

「お父ちゃんな、指名手配中の連続殺人犯見たんや。捕まえたら300万もらえるで」。そう話した父が、翌朝消えた。父をさがすため娘の楓は警察に相談するも、まともに取り合ってもらえない。そんな中、日雇い労働者の名簿に父の名前があることを知り、現場に向かう。ところがそこにいた人物は全く知らない男だった。途方に暮れる楓。ふと街中に貼られた指名手配犯のチラシに目を向ける。するとそこには日雇い現場にいたあの男の顔があった──。

『岬の兄妹』という映画をご存知だろうか。障害を抱えた兄妹が、苦しみもがきながら必死に生きる姿を描いたヒューマンドラマだ。その生々しさと残酷さが映画ファンに大きな衝撃を与え、公開当時話題となった。この作品で鮮烈な長編デビューを果たした片山慎三監督が、3年の時を経て待望の長編2作目を作り上げた。

ある日忽然と姿を消した父を娘がさがすという単純明快なストーリーと、シンプルなタイトルからは予想もつかない展開が繰り広げられる今作『さがす』。練りに練られたプロットと見事な伏線回収の連鎖で終始目が離せない。試行錯誤の結果、脚本は12稿まで改稿が重ねられたという。笑いの聖地大阪で暮らす登場人物の軽妙な会話と、休む間もないほどに状況がどんどん変化していくスピード感。片山監督にとっての商業デビュー作とあって、エンタメ性の高さも光る。

人は誰しも一度はさがしものをしたことがあるはずだ。なくし物をさがしたり、人生の答えをさがしたり。そしてその過程で思いがけない現実と向き合うことも。父をたださがしているだけだったはずの楓は、いつの間にかおぞましい真実まで見つけてしまう。そんな恐怖と対峙する彼女の姿が頭の中にいつまでも残り続ける。徐々に明らかになる登場人物の思惑と、それぞれがさがした先に迎える結末。「君は一体誰をさがしてんの?」──劇中で何気なく放たれる一言の意味を深く考えずにはいられない。この衝撃をどう受け止めるのが正解だろうか。未だに答えをさがしている。

view more-映画の一覧へ-