窮鼠はチーズの夢を見る

本作は、性別を超えた狂おしくも切ない、二人の恋愛物語である。大学卒業後、今ヶ瀬渉は興信所で探偵として働いており、とある依頼人から不倫調査を請け負う。なんとその調査対象は、学生時代から想いを募らせてきた先輩・大伴恭一だった。ひょんなことをきっかけに、7年ぶりに再会した二人。不倫の事実を隠そうとする恭一に対し、今ヶ瀬は交換条件としてホテルへと誘う。「昔からずっと好きだった」─今ヶ瀬に突然想いを告げられた恭一。戸惑いながらも、今ヶ瀬のペースに流され、一緒に住むことになる。しかし、恭一の昔の恋人・夏生を含む女性たちの登場で二人の関係は変わっていき……。

記事をpdfで見る(画像クリックで別ウィンドウ表示)

記事または映画評のサムネイル画像(A4用紙サイズ/縦長)

2020年9月号

【キャスト】大倉忠義/成田凌/吉田志織/さとうほなみ/咲妃みゆ/小原徳子

【監督】行定勲 【脚本】堀泉杏 【音楽】半野喜弘

【原作】水城せとな「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」(小学館「フラワーコミックスα」刊)

【制作】2020年/日本

【Web】https://www.phantom-film.com/kyuso

【日本公開】9月11日(金)、TOHOシネマズ 日比谷/TOHOシネマズ 梅田ほか全国ロードショー!

【配給】ファントム・フィルム

©水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

好きで好きで胸が苦しくなるほど好きで

本作は、性別を超えた狂おしくも切ない、二人の恋愛物語である。大学卒業後、今ヶ瀬渉は興信所で探偵として働いており、とある依頼人から不倫調査を請け負う。なんとその調査対象は、学生時代から想いを募らせてきた先輩・大伴恭一だった。ひょんなことをきっかけに、7年ぶりに再会した二人。不倫の事実を隠そうとする恭一に対し、今ヶ瀬は交換条件としてホテルへと誘う。「昔からずっと好きだった」─今ヶ瀬に突然想いを告げられた恭一。戸惑いながらも、今ヶ瀬のペースに流され、一緒に住むことになる。しかし、恭一の昔の恋人・夏生を含む女性たちの登場で二人の関係は変わっていき……。

原作は、多くの女性から支持を得ており、代表作に『失恋ショコラティエ』を持つ水城せとなの傑作ラブストーリー。メガホンを取るのは、ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を2度受賞するなど、日本を代表する映画監督・行定勲だ。また、キャストも魅力的な面々が揃う。優柔不断で流されやすい性格の恭一役に『関ジャニ∞』の大倉忠義。ずっと恭一を一途に思い続けてきた今ヶ瀬役は、モデルの枠を飛び出し、近年俳優として注目を浴びている成田凌だ。とにかく、メインキャスト二人が醸し出す色気に注目してほしい。また、二人の関係に大きく関わる女性キャストには、『ゲスの極み乙女。』のドラムス担当で、女優としても評価を受けている、夏生役・さとうほなみなど、表現力あるキャストが脇を固めている。

この物語の最大のテーマは「好き」である。ダイバーシティが求められる昨今において、多様な恋愛観が重視されつつあるが、まだまだ同性愛者に対する風当たりが強いのが現状だ。異性愛者は、同性を選ぶわけにはいかない。一方で、同性愛者は、異性愛者への想いを隠し、身を引くべき─そんな考えのもと、悩み苦しむ人が社会には少なからず存在する。互いを強く想っていても、色々なしがらみから、どうしてもつかず離れずのやり取りになってしまう。しかし、必ずしも好きな人と一緒にいる必要はあるのだろうか─。ラスト、二人がどのような選択をしたのか、その目で見届けてほしい。

view more-映画の一覧へ-